健康と恋愛は相互関係?

子どもの耳管の仕組みは、大人のそれに比べて幅があって短い形であり、なおかつ水平に近いため、様々な菌が潜り込みやすくなっているのです。
小さな子供がよく急性中耳炎を起こすのは、これが関係しています。

ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失効してしまった後に売られ、新薬と同じ成分で経済的な自己負担の小さな(代金が少額の)後発医薬品のことを意味します。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(steatosis hepatis)は、肝硬変や糖尿病といったありとあらゆる疾患の素因となる可能性が高いと考えられています。

常日頃から肘をついた横向きの状態でテレビ画面を見ていたり、ほっぺたに頬杖をついたり、ハイヒール等を日常的に履くというようなことは肉体のバランスを悪化させる主因になります。

グラスファイバーで作製されたギプスは、非常に強くて軽くて着け心地が良い上に耐久性があり、濡らしてしまっても使用できるというメリットがあるため、今のギプスの中でも定番となるまでに浸透しました。

チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する被害者の追跡調査のデータから、大人に比べて体の小さな子どものほうが漏れた放射能の悪い影響を受容しやすくなっていることが理解できます。

塩分と脂肪の大量摂取を控えた上で無理のない運動をおこなうだけでなく、ストレスを溜めすぎないような日常生活を心がけることが狭心症の素因である動脈硬化を予め防ぐポイントです。

「あまりにも忙しい」「うっとうしいいろんなお付き合いが苦手だ」「先端技術や情報のハイレベルな進歩に付いていくことで精一杯」など、ストレスを感じやすい素因はみんな違います。

今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に立ち向かう抵抗力、即ち免疫力を持たない人々の割合が高くなっていることや、自己判断のために診断が遅れることが誘因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が多くなっています。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを補助することが知られており、血液の中のカルシウム濃度を調整して、筋繊維の動きを微調整したり、骨を作ります。

肝臓を健やかな状態に保つには、肝臓の毒素を分解する作用が下がらないようにすること、つまり、肝臓を老けさせない対処法を迅速に開始することが効果的だと言われています。

ほぼ100%に近い割合で水虫といえばまず足を想像し、中でも足の裏や指の間にみられる皮膚病だという認識が広まっていますが、白癬菌が感染する部位は足に限定されているわけではなく、体のどこにでも感染してしまう危険性があるので注意してください。

エイズウイルス(HIV)を保有した精液や血液の他、腟分泌液、母乳、唾液等の様々な体液が、看病する人などの粘膜部分や傷口等に触れると、感染のリスクがあるのです。

2005(平成17)年2月以後新たにトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のフレーズの印字が義務となった。

暴飲暴食、太り過ぎ、運動不足、遺伝、不規則な生活、肉体的なストレス、老化というような様々な因子が合わさると、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症すると考えられています。


美容の本は疑問がいっぱい?!

よく女性誌や美容の本には、顔が小さくなる、肌がきれいになる、痩せるし、デトックス効果、免疫力アップなど、リンパを流しさえすれば1思い通りにいく!という嬉しくなるような謳い文句が載っている。

美容外科(Plastic Surgery)は、人間の身体の機能上の欠損や変形を矯正するよりも、もっぱら美意識に基づく人間の身体の見た目のレベルアップを重視する医学の一種で、完全に独立した標榜科目のひとつだ。

湿疹などが出るアトピー性皮膚炎の主因として、1.腸内や皮膚、肺や口腔内等による細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的因子、3.食物の栄養、4.環境面での要素、5.それ以外の要素の考え方が現在は主流だ。

太陽からの紫外線によって発生したシミを薄くしようとするよりも、作られないように事前に防護したり、お肌の奥に潜んでいるシミの種子を予防する方が肝要って知っていましたか。

常時ネイルの状態に気を付ければ、ほんの僅かな爪の変質や体の変化に注意し、より自分に見合ったネイルケアを作り出すことが可能になるのだ。

健康的なお肌のターンオーバーは4週間毎のサイクルになっており、一日毎に肌細胞が誕生し、1年365日剥落しています。
これらの「毎日の生まれ変わり」によって人の皮ふは若々しい状態を保持しています。

整形外科とは異なって美容外科が健康体に外科的な施術をおこなう美意識に基づいた行為であるにも関わらず、やはり安全性の意識がなっていなかったことが大きな原因だと言われている。

日中なのに、いつもはあまりむくまない顔や手に浮腫が見られた、十分な睡眠時間を確保しても脚の浮腫が引かない、などの場合は病気が隠れている恐れがあるので主治医の治療が不可欠です。

なんとかしたいという気持ちに駆られてフェイシャルマッサージをする人もいますが、特に目の下の皮膚は敏感で繊細なので、こするように強く力をかける乱暴なフェイシャルマッサージは悪影響をもたらします。

乾燥肌による痒みの原因のほとんどは、老化による角質細胞間脂質と皮脂分泌の低減や、せっけんなどの過度の洗浄による肌の保護機能の低落によって生まれます。

中でも夜10時~2時までの4時間は皮膚のゴールデンタイムで、お肌の新陳代謝が更に活性化する時間帯です。
この夜10時から2時の間に寝ることが一番効果の高いお肌の手入れ方法といえるでしょう。

美白(びはく)という美容法は1990年代の終わり頃に化粧品会社創業者の鈴木その子が必要性を説いて流行ったが、それより昔からメラニン色素によるシミ対策の語彙として用いられていたようだ。

頭皮の健康状態が悪くなる前にしっかりとお手入れをして、健やかなスカルプを維持したほうがよいでしょう。
悪くなってから注意し始めても、改善に時間を要して、加えて費用も手間も必要です。

容姿を整えることで気持ちが活発になってゆとりが生まれるのは、顔面に悩みを抱えている人もいない人も同じことです。
私たちはリハビリメイクを自分で元気をもたらす最良の手段だと思っています。

もともと皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は28日周期になっており、常時肌細胞が作られ、1年365日剥落しているのです。
このような「日々の生まれ変わり」によって皮ふは若々しい状態を保持しています。